高収入バイトの品格


副業

大学生の時に奨学金を借りていたので、卒業してからは毎月、銀行口座から奨学金の返済が自動的に落ちるようになっていました。働き始めて給料もそれほど多くないのに、引き落とし金額が多いので、生活に困窮するようになりました。そこで会社を退社する夕方以降、効率よく稼げるバイトをしたいと考えるようになりました。求人情報誌を見ていたら、キャバクラのバイトが時給が良く、短時間での勤務もOKということを知りました。夕方以降の勤務時間ですし、自分の副業にはぴったりだと思ったので、応募することにしました。応募してからすぐに面接時間を提示してもらうことができました。面接を受けたその場で採用すると言ってもらうことができたので、その週末から働くことにしました。1日3時間という短い勤務時間でしたが、時給が高いのでまとまった給料を得ることができました。おかげで奨学金を返済しても余裕のある生活ができるようになりましたし、キャバクラで働いたことで人と楽しく会話をするコツを学べるようになりました。